キャッシングする前に、まず知ろう!TOP >  キャッシング基礎知識  > 銀行系と消費者金融系の違い

銀行系と消費者金融系の違い

  • キャッシングをする場合
  • 銀行系からキャッシングする場合
  • 消費者金融系からキャッシングする場合
キャッシングをする場合の銀行系と消費者金融系の違い

キャッシングをする場合

キャッシングをする場合、
銀行系から借りる場合と、消費者金融系からの場合と、
が考えられますが、どちらを選べばいいのでしょうか?

以下の説明を読んで、
銀行系、消費者金融系、それぞれのメリット・デメリットを考え、
計画的な利用を心がけたいですね。

銀行系からのキャッシング

銀行系からキャッシングする場合

銀行系から借りる例として、
事業資金や学費、家やマンションの購入など、があげられます。

キャッシングをむやみにしておらず、
銀行にある程度貯金があり、会社勤めをしている場合は、
利子も安い銀行系のキャッシングローンを組むことを最初に考えてみましょう。
この場合、銀行からは大切な取引先として扱われます。

消費者金融系からのキャッシング

消費者金融系からキャッシングする場合

消費者金融系から借りるのは、どういう場合でしょうか。

銀行系では、
友人の結婚式や旅行のためなどの理由で、お金を借りることができません。

消費者金融系では、こういう理由なら認められることが多いようです。

一度、審査時に利用限度額を決めて、カードを作ってしまえば、
使いたいときに全国のATMから引き出せるという便利さもあります。

キャッシング基礎知識関連エントリー


お気に入りに追加など


My Yahoo!に追加 Add to Google

ninki01.gif
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

  • seo

即日キャッシングなら銀行系と消費者金融系の違いで賢くキャッシング!