キャッシングする前に、まず知ろう!TOP >  キャッシング基礎知識  > キャッシングの金利

キャッシングの金利

  • 利息制限法によるキャッシングの金利
  • 出資法に沿ったキャッシングの金利
  • 少しでも金利の低いキャッシングに
利息制限法によるキャッシングの金利

利息制限法によるキャッシングの金利

キャッシングの金利は利息制限法で、利息上限が定められています。

  ・10万円未満が、年利20%
  ・10万円以上〜100万円未満が、年利18%
  ・100万円以上が、年利15%です。

と、借入金額によって、金利は違うわけです。

出資法に沿ったキャッシングの金利

出資法に沿ったキャッシングの金利

では、キャッシングの金利の実態はと言うと、
利息制限法があるにもかかわらず、年利20%を超えるものがほとんどです。

なぜでしょうか?

それはキャッシングの利率が、
利息制限法の上限である “100万円以上で年利15%” は適用されずに、
出資法(上限年利29.2%)に沿った “みなし弁済規定” が適用されているためです。

キャッシング業者は、この規定を盾に、利息制限法以上の年利を設定しています。

金利の低いキャッシングに

少しでも金利の低いキャッシングに

金利だけを考えれば、少しでも低い方がいいのはあたりまえですよね。

キャッシングするのは、急にお金が必要になった時だと思いますが、
その際は、いろいろなキャッシング業者の金利を比較して、
少しでも金利の低い業者から借りるようにしましょう。

ただ、ここで一つ、注意点があります。
借入金額が多くなれば、利率は低くなります。
利率が低くなるからといって、必要のない大きなお金を借りないように注意しましょう。

キャッシング基礎知識関連エントリー


お気に入りに追加など


My Yahoo!に追加 Add to Google

ninki01.gif
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

  • seo

即日キャッシングならキャッシングの金利で賢くキャッシング!